コースのたびに言葉づかい実験は何回もありましたが、言葉づかい実験だけは全く万全でした。

自分は学生時代、英文が取り得でした。中学の時は、教員に言われた務めはきちんとこなしました。
そうしてその時に習った言葉はその日のうちに何回も書いて徹底的に憶えました。
やっぱり一度習った言葉は絶対に忘れないように努めました。
方面のたびに言葉トライアルは何回もありましたが、言葉トライアルだけは総じて満点でした。
言葉トライアルについて、つづりの不手際だけは絶対にしないように何回も書いて憶えました。
そうしてハイスクールになって、どの教員にも予習をすることをアクセントされました。
その予習の使い方はテキストの文章を辞書で調べながら和訳したり、練習妨害を解いたりしました。
とりわけ予習をどれだけきちんと行うかによって英文のポイントはすごく左右されました。
自分は予習はきちんと欠かさずにし、中学の時の基盤ができていたので、
ハイスクールの時の英文のポイントもハイレベルで、教員にも英文のポイントは認めてくれていました。
このように中学校、ハイスクールの時に英文が取り得だったのは言葉をちゃんと憶え、
予習を充分行ったことが大きかったと思います。http://cannerywine.com/